Member Login

Lost your password?

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!


ペイオフ

知らないわけにはいかない、ペイオフっていうのは、予測できなかった金融機関の経営の破綻の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護される預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事です。

北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌していた業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを分離して、総理府(現内閣府)の強力な外局としてのちに金融庁となる金融監督庁を設けたという流れがあるのです。

知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを指す。もし取得からまもなく(30日未満)で解約する場合、その手数料に違約金分も必要となるという仕組み。

いわゆる「重大な違反」になるかならないかは、金融庁で判断するものです。ほぼ全てのケースでは、ちんけな違反がひどくあり、それによる関係で、「重大な違反」認定するもの。

つまり「失われた10年」→国そのものやどこかの地域の経済が約10年程度以上の長期間にわたる不況そして停滞にぼろぼろにされた時代を表す言い回しである。

Comments are closed.