Member Login

Lost your password?

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!


金融制度

まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管したうえで平成10年に誕生した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に組織を変更。さらには平成13年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。

中国で四川大地震が発生した平成20年9月に、アメリカで大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したのです。このことが歴史的な世界的金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのです。

西暦1998年12月のことである、旧総理府の外局として国務大臣を長にする機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に約2年7か月配されたということを忘れてはいけない。

よく聞くコトバ、金融機関の格付け(信用格付け)の解説。格付機関によって金融機関、国債を発行している政府や、社債を発行している会社の持つ、支払能力などの信用力を基準・数字を用いて評価するという仕組み。

西暦1998年6月のことである、大蔵省(当時)銀行局や証券局等の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを分離・分割して、旧総理府の外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として金融監督庁という組織をつくりあげたのである。

Comments are closed.